日中学生会議実行委員ブログ
日中学生会議は1986年に設立された国際学生団体です。毎年、中国人学生との文化・学術交流を行っています。今年8月に中国で第28回開催を行う予定です。
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンポジウム報告。
こんばんわ。

28期日中学生会議で総務を担当している、兪(ゆー)です。

2月22日にて行われたJCSCシンポジウム2009の報告が大変遅れてしまいました。
申し訳ありません・・。

「~日中友好へ、60年目の中華人民共和国~」
これが、今回のシンポジウムのサブタイトルでした。
このサブタイトル通り、60年目の中華人民共和国に関して講演者の城山さんを始め
パネリストの飯田さん、久保田さん、小松原さん、土信田さんから貴重なお話を伺えました。

城山さんからはご自身の目を通して見られた”生”の中国の現状に関して、
学生たちにわかりやすくパワーポイントを用いてお話をして頂きました。
現地に行かなければわからないことの大切さを改めて感じました。
また、御自身の言葉で、熱を込めて講演をして下さったお姿が印象的でした。

飯田さん、久保田さん、小松原さん、土信田さんからは各御自身の専門分野からの視点で
中国に関するお話を伺いました。
また、最後では学生との活発な質疑応答が印象的でした。
学生から投げられた問題に丁寧に一つ一つ答えて下さり、
草の根交流とは何をさすのか。日中学生会議は草の根交流に貢献できるのか。
そんな問題とも質疑応答の中で、向き合えました。

大変有意義な1日だったと思います。

また、日中学生会議の顧問でもあり、モデレーターを務めて下った天児先生にはシンポジウムの準備段階から御迷惑をおかけしました。
天児先生のお力添えで無事にシンポジウムを成功させることが出来たと思います!

第1部終了後の休憩時間に、天児先生が実行委員に
優しく「調子はどうか?」と声をかけて頂きました。
気さくで優しい天児先生の存在には本当に感謝です!
日中学生会議をいつも支えて下さり、本当にありがとうございます・・。

最後に、成功のうちにシンポジウムは終わりましたが、次はいよいよ新歓が始まります。
4月26日と5月17日に第28期日中学生会議参加者募集について説明会を開きたいと思っています。
確定次第、ブログでも広報をしようと思っています。
シンポジウム後に、「日中学生会議に興味を持ちました!」と言って下さった方もいるので、
それを励みに新歓を頑張ろうと思います。

では、失礼します。


スポンサーサイト
お久しぶりです!
実行委員長の李です。
長らくブログの更新を怠っておりました。
ごめんなさい。

さて、最近の日中学生会議の様子を報告させてください。
前回の記事にありましたJCSCシンポジウムについてですが、多くの方にご来場いただいて大変な盛会でした!
城山さんの講演はさすが中国で長く活動された方のお話なだけあって、非常にリアルかつ中身の濃いお話をしていただきました。
そのあとのパネルディスカッションでも天児先生の素晴らしい進行をはじめ、パネリストの方もそれぞれの経験をもとに中国の政治や経済の現状、日中交流の意義などについて議論が展開されました。
アンケートを見ましても多くの方が面白い話を聞くことができた、有意義だったという回答を頂きましたし、私たち実行委員会にとっても非常に大きな経験になりました。

これからは新歓活動が中心になっていきます。
分科会の内容や日程などについても徐々に準備が進んでいますので、またこのブログで広報させていただこうと思います。
今年は関西での新歓もありますので、実行委員一同全力で頑張っていきます!
今後とも日中学生会議をよろしくお願いいたします。

新しく入ってくれた実行委員の自己紹介がまだのようですので、ブログで紹介していこうと思います。
では!


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。