日中学生会議実行委員ブログ
日中学生会議は1986年に設立された国際学生団体です。毎年、中国人学生との文化・学術交流を行っています。今年8月に中国で第28回開催を行う予定です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンポジウム報告。
こんばんわ。

28期日中学生会議で総務を担当している、兪(ゆー)です。

2月22日にて行われたJCSCシンポジウム2009の報告が大変遅れてしまいました。
申し訳ありません・・。

「~日中友好へ、60年目の中華人民共和国~」
これが、今回のシンポジウムのサブタイトルでした。
このサブタイトル通り、60年目の中華人民共和国に関して講演者の城山さんを始め
パネリストの飯田さん、久保田さん、小松原さん、土信田さんから貴重なお話を伺えました。

城山さんからはご自身の目を通して見られた”生”の中国の現状に関して、
学生たちにわかりやすくパワーポイントを用いてお話をして頂きました。
現地に行かなければわからないことの大切さを改めて感じました。
また、御自身の言葉で、熱を込めて講演をして下さったお姿が印象的でした。

飯田さん、久保田さん、小松原さん、土信田さんからは各御自身の専門分野からの視点で
中国に関するお話を伺いました。
また、最後では学生との活発な質疑応答が印象的でした。
学生から投げられた問題に丁寧に一つ一つ答えて下さり、
草の根交流とは何をさすのか。日中学生会議は草の根交流に貢献できるのか。
そんな問題とも質疑応答の中で、向き合えました。

大変有意義な1日だったと思います。

また、日中学生会議の顧問でもあり、モデレーターを務めて下った天児先生にはシンポジウムの準備段階から御迷惑をおかけしました。
天児先生のお力添えで無事にシンポジウムを成功させることが出来たと思います!

第1部終了後の休憩時間に、天児先生が実行委員に
優しく「調子はどうか?」と声をかけて頂きました。
気さくで優しい天児先生の存在には本当に感謝です!
日中学生会議をいつも支えて下さり、本当にありがとうございます・・。

最後に、成功のうちにシンポジウムは終わりましたが、次はいよいよ新歓が始まります。
4月26日と5月17日に第28期日中学生会議参加者募集について説明会を開きたいと思っています。
確定次第、ブログでも広報をしようと思っています。
シンポジウム後に、「日中学生会議に興味を持ちました!」と言って下さった方もいるので、
それを励みに新歓を頑張ろうと思います。

では、失礼します。


スポンサーサイト
☆生日晚会☆
こんばんわ★
中国迷のはやかわです^^

今週の水曜に、ベアトリスちゃんのお誕生日会に乱入してきました♪
IMG_1473.jpg
さて、なぜか?と言いますと・・
まず、我らが日中4期OG江戸川区区議会議員である滝澤様が、
IMG_1456.jpg

前回のクリスマス会で、江戸川区には、中国の方がたくさん住んでいて、
その子供たちは、言葉も教育進度も内容の違う日本で、
勉強がとても大変だとおしゃっておりました。
そこで、私たちも何かお手伝いができれば、という話になり、
滝澤さまのご友人で、中国を始め、各国の子供たちを学習面で支援を
していらっしゃる高橋様のお宅へお話を伺いに行く運びとなり、
ちょうどその日が、高橋さま宅でホームステイをしているベアちゃんのお誕生日
だということで、お誕生日会に参加させていただいたのでした^^
IMG_1485.jpg
そんなこんなで、みんなでわきあいあい★
高橋様&ベアちゃんお手製料理に舌鼓♪
IMG_1438.jpg

日中のロゴやら、個人的な研究やら、さまざまな点で皆皆様からありがたい助言を頂きました☆
滝沢様、高橋様本当にお世話になりました。
ありがとうございました★
面白かったのが、この会の共通語は、中国語と日本語でしたw
ベアちゃんが中国で教師をする傍ら、中国語を習得したということで、
はやかわは終始中国語を話し大満足♪♪
・・やっぱり、中国語は第二の世界共通語ですねw
IMG_1439.jpgIMG_1491.jpg
これを機会にはやかわも中国語で日本語を教させていただきたいなって思いました♪
ではまた★






クリスマス会
みなさん、こんにちは!
副委員長の位田です。

いよいよ、年の瀬も迫ってまいりました。
師走も半分が過ぎましたね。
皆さんもお忙しいですか??


さて、昨日は定例会の後、先日公約したOBOGとのつながりのために
OBOG会(クリスマス会)を開催しました!!

急な話でもあり、忙しい師走ということもあり、
集まってくれたOBOGの方々は少なかったのですが、
まずは、
来てくださって本当にありがとうございました!!!

4期~27期までの方がいらっしゃいました!
10台の期の方は来られる方がおらず少しさみしかったですが、次に期待です!
クリパ

28期として初めてのOBOGとの交流会でしたので、さまざまなお話を伺い、
非常に有意義でした。
時間も忘れ3時間近くも日中行きつけの中華料理屋「成都」で歓談しました。

途中にはクリスマスということで

プレゼント交換!!もしました。
プレゼント交換


昨日いらっしゃったOBOGの方々に委員長が申しましたように、
現役もOBOGの方々と交流し、さまざまな場面でご支援いただきたいと思っておりますが、
OBOGの方々もどうぞ、遠慮なさらずに現役の実行委員たちを利用してください!


そして、お互いの利益を分かち合うためにも、是非OBOG会に足をお運びください!
現在、私達28期は年に二回OBOG総会を開催したいと思っております。
詳しくは企画中ですが、次会は少しの時間で構いませんので、足をお運びください。
よろしくお願い致します!




実は、昨日は、新規実行委員も決定しました。
実行委員紹介にはアップしましたが、
近々自己紹介もする予定です。

おたのしみに~☆








第27回日中学生会議第18回日本開催 報告会
大家好!広報の岩谷です。昨日、携帯を紛失しました。
私の第一印象は「遊び人」で「ネクラ」だそうです。



10月19日、第27回日中学生会議第11回日本開催報告会が、無事終了しました。
報告会には来賓の方々をはじめ、たくさんの方にご来場いただきました。
お忙しい中ご来場いただき、本当にありがとうございました。

プログラムは27期の活動紹介がメイン。本会議での報告会からさらにグレードアップした発表でした。
どの分科会においても、日本側と中国側で大方見解が一致したものと、
お互いの主張が平行線をたどったものと、それぞれあったようです。
しかし、分科会活動内ではもちろん、それ以外のさまざまな活動や
中国側の学生との雑談の中からも、多くのことを得たようです。

来賓のWang様からの「中国の学生は、どのような印象でしたか?」という質問に対しては
さまざまな回答が得られて興味深かったのですが、どの回答にも共通していたのは
「意外と日本の学生と似ている、じつはそんなに変わらない」といった印象でした。
いつも強気で自分の意見や主張をハッキリと述べるイメージがあったけれど、
実はちょっと弱気になることもある。
日中間の歴史問題や政治的問題について、非常に熱心に勉強している学生がいる一方で、
「実は政治にはあまり興味がないんです」と言う学生もいる。

日中関係を語る上で私たちは「日本」「中国」という区分ですべての物事を捉えています。しかし
交流という面において国境というものは、私たちが思っていた以上に
低かったのではないかと思います。
「議論において、中国側メンバーは自分の主張を思いっきりぶつけてくる。
しかしそれは、自分に対して心を開いてくれているということでもあり、嬉しかった」
ある実行委員がこのような感想を述べていたのですが、この一言が
日中両国の草の根的な交流の大切さ、素晴らしさを象徴しているように思えました。

私は正直、日中の実行委員になる前には「交流」という漠然とした言葉に対して、
具体的なイメージを持つことができませんでした。
今でも、「交流」という言葉から何か具体的なものをイメージするのは難しいかもしれません。
しかし、本会議で実際に議論を交わし、語り合い、遊び、飲み、10日間生活をともにすることで、
交流を通じて自分が変わっていく、自分の見る世界が変わっていくのを
全身で感じることができました。

報告会終了後は、1人1人が来期継続するかしないかの表明と、
27期を終えての感想や反省点などを述べました。
27期発足当初から携わっていたメンバーの言葉からは、
27期に懸けてきた想いを感じることができました。
また、来期も継続するメンバーの言葉からは、
自分たちで新たな日中の歴史を作り上げたい、という
前向きな姿勢を感じることができました。

そして最後は飲み会へ。今日が27期最後だね、ということで、盛大に盛り上がりました。
なぜかテーブル奥半分はブルジョワ、手前半分はプロレタリアート。
手前半分は美女1人と、L君を筆頭とする野獣7人。なんなんだこの席順。
テーブルの食べ物が即、消えていく。
手前側が「全国の労働者よ、立ち上がれ!」とか言いながら
命懸けのジャンケンで料理の取り合いしてるときに、
奥ではまったりと雑談しながらまったりと食事を楽しんでいます。

…格差社会だ。「格差」というどうしようもない壁が私の行く手を阻む。

「ジャンケンは全員平等で民主的じゃん」「いや、機会平等だが結果は不平等だ」

このジャンケンという限りなく民主的な制度により、私は久々においしいお料理を
たらふく頂くことができました♪


報告書が完成するまでは、27期の活動が本当に終わったとは言えません!
(と言っているのは私だけ?)
というわけで、私の27期での活動は、もう少しだけ続きます。。
皆さん、あとちょっと、お世話になります。

バナー
第27回日中学生会議 本会議を終えて
こんにちは!広報の岩谷です。
長らくブログの更新が途絶えてしまっていましたが、本会議が無事終了しました。

本会議を迎える日になっても(…というか、本会議を迎えてからも)多くの実行委員が準備に追われており、期待と不安を抱えて大阪に出発。大阪に到着してからも準備に追われ、焦りと疲労の色がだんだんと濃くなってきましたが、中国側メンバーが到着するとその雰囲気はガラリと一変。1年ぶりの再会を喜ぶ人もいれば、初めての対面に心躍らせる人も。歓迎会は明るいムードで笑顔があふれました。

大阪開催のメインプログラムは大阪・京都観光とフリーディスカッション。私たち実行委員も大阪・京都に行く機会はなかなか無いので、慣れない土地で悪戦苦闘する場面もありましたが(私の班は、何度も電車を乗り間違えました…)、中国側メンバーや一般参加者、さらには実行委員同士の交流も深まり、とても楽しい時間を過ごすことができました。フリーディスカッションでは、各グループさまざまな話題に花が咲いたようです。(私は中国側の某Yさんに捕まり、もはやディスカッションとは呼べない状態でした…^^;)

東京に移動してからは、いよいよ分科会活動が始まりました。分科会活動は本会議全体を通じて一番のメインプログラムであるため、気合が入ります!直前まで準備に追われていたメンバーもいましたが、その甲斐あって、どの分科会も非常に実り多いものになったようです。各分科会の活動の様子については、後日報告書にて紹介しますので、ご期待ください!
文化交流では、OB,OGの方も多数駆け付けてくださいました^^  女のコたちの華やかなダンスやチャイナドレスを前に、男のコたちの眼尻は終始下がりっぱなし。。笑  日本側の発表は劇からスタート。電車男の名演技に会場は大盛り上がり。さぁいよいよクライマックスに突入!というところで「ダンス、練習」の一声が。結局、一番の山場を見逃してしまった私です。。その甲斐もあり(?)フィナーレを飾るYOSAKOIソーランも大成功、大盛り上がりの中、文化交流は無事幕を閉じました。

歓送会では、全員が残りわずかな時間を惜しむように語り、飲み、写真を撮り、歌い、騒ぎ、そのテンションは下がることなく会場の外へ…

最終日、最後の最後まで皆が別れを惜しんでいました(私は空気読まずに一人で泣きまくってました…最後の最後にいちばん不細工な顔でのお別れになってしまいました…)。あっという間に過ぎ去った10日間でしたが、間違いなく皆の絆は深まっているはずです。改めて本会議を振りかえると、本当にあっという間でしたが、その10日間の中にいろいろなものがすごーく凝縮されているな、と感じます。直前まで準備に追われて連日寝不足疲労困憊だったり、夜になってもパワフルでハイテンションな中国側メンバーと一緒に夜の街に繰り出したり…。ですが、メンバーひとりひとりの表情はすごく充実し、笑顔に満ちていました。中国側メンバーが帰ってしまった後もオリセンの片付けに追われたりと、閉幕直後はなかなかゆっくりと振り返ることができませんでしたが、今改めて振り返ると、本当に充実した日々だったと思います。

27期のみなさん、本当にお疲れ様!ありがとう!
…と締めくくりたいところですが、私たちには最後の大仕事、報告会と報告書が残っています。今は充電期間ですが、20日から定例会も再開し、最後の大仕事に向け準備を進めていきます。

…広報担当のくせに、文章を書くのが不得意で、ごめんなさい。。こんな私の駄文では、きっと本会議の魅力を十分に伝えきれてませんね。。。ということで、報告会&報告書、どうぞご期待下さい^^


バナー

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。