日中学生会議実行委員ブログ
日中学生会議は1986年に設立された国際学生団体です。毎年、中国人学生との文化・学術交流を行っています。今年8月に中国で第28回開催を行う予定です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月15日(金) 神戸説明会会場 訂正
広報担当、長谷川です。

私、5月15日(金)、説明会会場(中華会館)の最寄駅を間違えて、皆様にお伝えしていました。
正しくは元町、三ノ宮です。長田ではございません。

間違った情報を載せてしまったこと、お詫びいたします。 大変申し訳ありませんでした。


以下詳細です。

5月15日(金)19:00~ 
会場:社団法人 中華会館
(元町駅東口より徒歩8分 三ノ宮駅より徒歩10分です。)

事前申し込みなどは必要ございません。
またお席は十分用意しております。
皆様、是非是非お越し下さい。


スポンサーサイト
第28期本会議参加者募集 説明会詳細
【関西】
5月 15日 (金 )19:00~ 神戸 中華会館 (神戸電鉄有馬線 長田駅から北へ徒歩 15分)
5月 16日 (土 )13:00~ 大阪 近畿大学 (東大阪・EキャンパスA館302号室) ※講演会も開催
5月 22日 (金 )16:00~ 京都 キャンパスプラザ京都

【関東】
5月17日 (日)18:00~ 東京 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟404(最寄駅 参宮橋、代々木公園、代々木八幡)


第28期本会議 参加者募集中!! (~6月5日)
今、日中学生会議はこの夏、開催の本会議の参加者を募集しています!!


第28期本会議
開催期間:2009年 8月14日~31日  
開催地:北京・広州(中国)

日中学生会議って?
日中学生会議は外務省や文部科学省,中国大使館などの支援を受け,様々な大学の学生が運営している学生団体です。実行委員は関東・関西圏の学部生からなりますが、夏開催の本会議の参加者は毎年、首都圏・関西圏以外の学部生・院生の方々にも参加していただいて、夏までには全国の学部生・院生からなる団体となっています。関東での活動は早稲田大学院の天児先生、関西での活動は近畿大学の上田先生に顧問になっていただいています。
活動としては、年に1回、中国の学生と日中関係にとって重要な「経済」「環境」「歴史認識」などについて議論する本会議を開催しています。社会的になんの立場も持たない、私たち学生にしかできない議論を目指しながら、しかし感情的、学術的になりすぎない活発な意見交換を本会議ではしています。本会議は毎年、日本と中国で交互に開催されていますが、28回目の開催になる今年の夏は私たち日本の学生が中国へ行きます。

第27期(前回)本会議 参加者の声
腹を割って話してみれば、結果として理解しあうことが出来なかったとしても、少なくとも「私はあなたと本音で話したいと思っている。」という誠意ある姿勢を態度で示すことはできる。それが、日中間の信頼関係を促進する鍵ではないか…。と私は思っている。実際、ディスカッション後には、一部の中国の学生と非常に親しくなることができ、「ディスカッションで腹を割って話したことで信頼関係を築けた。」という手ごたえを感じた。
(東京大学4年・木内)

第28期本会議 分科会
「新興大国」「食糧の安全と健康」「経済成長と企業倫理、CSR」「教育と社会道徳」「安全保障と国際協力」「発展と環境問題」

もちろん旅行でも,その国がどんなかよく知ることは出来ます。でもこれから無視し続けてはいけない中国に対して,「そこに生きる人と直にもっと深く付き合ってみたい!!」とか「理解出来ないことばかりだけど,中国を少しでも感じ取れたら!!」と思って,私は今この日中学生会議に参加しています。だからこの夏の本会議がとても楽しみです。

これからの中国経済に対して興味のおありの方,中国から飛んでくる黄砂にお困りの方,中国食品の安全性に疑問をお持ちの方,……。大学生・大学院生の方なら国内・国外問わず募集中です!!
(ただし議論をしていく上で、必要最低限の日本語を話せる方に限らせていただきます。)












こんにちは。広報担当の長谷川です。お久しぶりです。
今、28期の日中学生会議はネット、ポスター、チラシ、パンフレットを使って、↑の内容で本会議の参加者募集をしています。しかし残念ながら、ネット、ポスター、チラシ、パンフレットはどれも顔の見えづらい媒体です。ですから、「これらの媒体をどのように活用すれば、日中学生会議を知らない人に、日中を知ってもらえるのか。さらに日中に親しみを持ってもらえるにはどうすればいいのか。」と毎日、悩みながら広報活動をしています。

さて、今日は戸山キャンパスでの定例会ということもあり、定例会後は皆揃って、早稲田大学全域にポスター貼りをしました。委員長をはじめ、皆から「1枚でも多くのポスターを貼ってやる!」という意気込みがにじみ出ていました。

来週は関西・関東で説明会を開催いたします。説明会は顔を見せながら出来る、数少ない広報機会ですから、この機会を有効利用できるように、この1週間準備を進めていきます。

では。




JCSCシンポジウム
みなさんこんにちは。
日中学生会議の位田です。

タイトルにもあるように、シンポジウムなのですが、
ついに、今週の日曜日となってしましました。
今の今まで連絡できず、申し訳ありませんでした。

私が中心にシンポジウムの準備をしてきたのですが、
このブログの管理も私なので、すっかりブログの方がおろそかになってしまいました。。

こんなことがないよーに、誰かブログ係作ろうかと思います!

とにかく、日中学生会議が精一杯、準備してきた、シンポジウムがついに今週の日曜日となりました!!!


関係者の皆様をはじめ、たまたまこのブログを見た方まで、
今週日曜の予定をご確認ください!
そして、少しでもお時間のある方はお越しくだされば幸いです。
来て損はさせません!
そのように言えるだけのゲストの方がそろったと自負しています。

詳細は下記にありますので、皆様どうかご来場くださりますようお願い申し上げます。

**********************************************************************
JCSCシンポジウム 2009
~日中友好へ、60年目の中華人民共和国~
2009.2.22/オリセン501 ( http://jcsc.jp/symposium.htm )
**********************************************************************
◆◇-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-◇◆
中国っていうと、大好きっていう人もいれば、キライって人もいます。
21世紀、北京五輪に上海万博を迎え、日中間の経済関係は
最も密接になりました。そして中国人の対日感情も、変化の兆しが
見えてきたのです。だけど、日本では、食の安全やチベット問題など
によって中国への不信感が高まってしまった。
そして媚中、知中、嫌中といった様々な態度をとる人が現れる中、
ついに親中感情が戦後最悪に・・・。
なぜ、こんなことになったのでしょうか?

私たちは本当に今の中国を知っているのでしょうか?
21世紀という時代を創るのは、今生きている私達です。
2月22日、オリセンで、中国について日本について、そして未来に
ついて、考える。
◆◇-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-◇◆

●概要
日時:2009年2 月22 日 (日)  13:00-16:30 (12:30開場)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 501
主催:日中学生会議実行委員会
*参加無料・入退場自由

●テーマ
第一部 21世紀の中国 激動の21世紀初頭、様々な問題を抱える“目覚めた”獅子
第二部 中国と向き合う ~中国という視点から見た現在の国際情勢、これからの日中関係の在り方と草の根交流~

●ゲスト
城山英巳氏(講演者・パネリスト/時事通信社外信部記者、第5回日中学生会議実行委員長)
天児慧氏(モデレータ/日中学生会議顧問、早稲田大学大学院教授)
飯田鉄二(パネリスト/JICA勤務)
久保田晃氏(パネリスト/外務省勤務)
小松原正浩氏(パネリスト/マッキンゼー勤務)、
土信田雅之氏(パネリスト/松井証券勤務)

●参加申し込み
http://form1.fc2.com/form/?id=391588 にて氏名、所属等をご記入ください。

●プログラム
13:00-13:05  開会、委員長挨拶
13:05-13:15 顧問・来賓紹介
13:15-14:05  第一部 基調講演
14:05-14:15  質疑応答
14:15-14:25  休憩
14:30-16:15  第二部 パネルディスカッション
         ※来場者の方も発言していただける機会を作る予定です。
16:15-16:25  総括・顧問挨拶 天児慧氏
16:25-16:30  日中学生会議紹介
16:30-  閉会・懇親会

●お問い合わせ
詳細は、http://jcsc.jp/symposium.htm をご覧ください。
お問い合わせは、jcsc_info@hotmail.com までご連絡ください。
---------------------------
日中学生会議実行委員会
第28回日中学生会議 第17回中国開催(2009.8.16~30)
~参加者募集は4月より
---------------------------
第27回日中学生会議第11回日本開催報告会のご案内
こんにちは!広報の本田です。

大好きなF1を見つつの更新です♪スタート直後からいろいろあり、
日本GPはまだまだどうなるか分かりませんね。

本題に戻りましょう!
第27期日中学生会議の活動も終盤を迎えました。
10月19日(ちょうど1週間後)に、第27回日中学生会議第11回日本開催の
報告会を行います。

第27回日中学生会議は、東京・大阪での2都市開催でした。
一部の分科会でしか扱うことのなかった歴史認識問題(靖国問題、
歴史教科書問題)を東京開催の全参加者で取り組みました。

これらの活動を含めた、第27期の活動を本会議を中心に行います。

どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。
ご来場をお待ちしています。

以下、詳細です。

☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆

        第27回日中学生会議 第11回日本開催 報告会

☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆⌒⌒⌒☆

  日中学生会議は、今夏東京・大阪の2都市において
  日中両国の学生による交流プログラムを展開しました。
  5つの分科会活動(政治・経済・教育・メディア・環境)を中心に、
  さまざまな交流活動の成果を報告します。


…………………………………………………………………………………………………
  第27回日中学生会議第11回日本開催報告会 概要
…………………………………………………………………………………………………
◇◆日時◆◇
2008年10月19日(日) 開場13:00 開始13:30 終了16:30(予定) 

◇◆会場◆◇
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟311教室

◇◆プログラム◆◇
 委員長挨拶
 顧問挨拶
 全体活動報告
 各分科会報告(歴史認識・政治・教育・メディア・環境・経済)
 来賓講評
 その他活動報告(フリーディスカッション・伝統文化体験・文化交流)
 日中学生会議活動紹介 など
 (予定)

◇◆参加申し込み◆◇
 名前、所属、メールアドレスをご記入の上、jcsc_info@hotmail.comまで
 ご連絡ください。当日参加も受け付けていますが、
 事前の参加人数把握のため、できるだけ事前にお申し込み下さい。
 申し込みの際は、以下のフォーマットをご利用ください。
  ※参加無料

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------
10月19日 第27回日中学生会議第11回日本開催 報告会参加申込
■名前:
■所属:
■メールアドレス:
-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------



…………………………………………………………………………………………………
  日中学生会議とは
…………………………………………………………………………………………………
日中学生会議は、学生の立場から日中友好を実現させることを目的としており
毎年日本・中国両国の学生によって企画運営されています。
学生という立場を生かし、率直な討論や交流活動等を通じて、日中両国の相互
理解と友好増進を目指しています。

…………………………………………………………………………………………………
  お問い合わせ
…………………………………………………………………………………………………
日中学生会議  E-Mail:jcsc_info@hotmail.com
        Web:http://jcsc.jp/


バナー
【中国・四川大地震復興支援コンサート】
広報の本田です。

今週末、7月12日に『中国・四川大地震復興支援コンサート』を
行います。

たくさんの方々のご協力で、大きな会場で、そして素晴らしい
出演者の方々に出演いただくイベントになりました。

7月12日は、四川大地震発生から、ちょうど2か月にあたります。

発生当時は連日のように流れていた四川の様子も、メディアは
ほとんど取り上げられなくなってしまいましたが、現地ではまだ
まだたくさんの人が大変な生活を送っています。

復興には、本当に長い時間を要することとなると思います。
その復興支援を単発的なものではなく、復興に向かうまで継続的
に支援していければというはじめの一歩として、今回コンサートを
行うことになりました。

ぜひ、コンサートに足を運んでください。
そして、ともに四川の復興への願いを共有できればと思います。


【中国・四川大地震復興支援コンサート】

日時:2008年7月12日(土)16時開場 17時開演

出演者:エンレイ、王明君、河口恭吾、小金沢昇司、シュウミン、
ジャン・シャオチン、須藤まゆみ、松田沙紀、山本リンダ、
地球兄弟・参加アーティスト:カツルミ、澤井ゆうすけ、他
アグネス・チャン、他(ビデオメッセージ)

会場:かめありリリオホール(JR亀有駅南口 イトーヨーカドー9F)
http://www.k-mil.gr.jp/access/lirio_access.html

入場料:1000円(全席自由)
*一部を義援金として中国大使館に寄付させていただきます。

主催:(財)日中文化交流財団 日中学生会議
後援:日本国駐中国大使館 日本国外務省 文部科学省 葛飾区
葛飾区教育委員会
協賛:クラウンレコード アルファブライト
協力:アサツーデイ・ケイ キングレコード 地球兄弟プロジェクト
(株)アルク SPECMUSIC トライアンフ(株) (株)スリーエー・コーポレーション

-----------

【チケット予約】
かめありリリオホール・チケットセンター 03-5680-3333
かつしかシンフォニーヒルズ・チケットセンター 03-5670-2233
葛飾区文化施設指定管理者ホームページ http://www.k-mil.gr.jp


バナー
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。