日中学生会議実行委員ブログ
日中学生会議は1986年に設立された国際学生団体です。毎年、中国人学生との文化・学術交流を行っています。今年8月に中国で第28回開催を行う予定です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月4日定例会&SCN飲み会
みなさま、お久しぶりです★
広報の本田です。

10月4日、定例会がありました。

27期の活動もあと少し。時間のほとんどは、報告会の準備に
関するものでした。
当日の役割分担、それまでの準備などを詰めていきました。

とはいえ、報告会の準備の多くは個人作業。というわけで、
定例会は早く終わり、私の人生史上指折りで数えるくらい
しかない早い夕食を食べ、高田馬場駅に着いたのは、
なんと19時前。

だいぶ早かったので、結局、高田馬場で飲みながら色々な
話をしました。開催中は本当に辛かったことも、済んでみれば
笑い話になるようです。その他、日中のメンバーでは久々に
恋愛の話が出たり(少なくとも、私はこのメンツでそういう話
したのは初めて)。

次の日もあるので、私は23時前に帰ったわけですが、一部は
二次会したみたいです。どんな話したんだろ…?



そして、翌日。
SCNの飲み会がありました。SCNでは、前に新歓イベントを
行ったこともあるのですが、今回ほど大規模に交流したのは、
私にとっては初めてで、良い経験でした☆

他の団体の人に「何で○○学生会議に入ったの?」って質問は
ありきたりとはいえ、その人を知るのになかなか面白い質問です。
同じ国でも、やっぱり入る動機って人それぞれですからね。

本会議の様子とか、その国の情報(ケニアとか私の中ではイメージ
ばかりが先行していて、話聞いてみると全然違ってました)とか、
急に視野が広がった感じ。

これからも、他団体の人とは交流していきたいですね。
とにかく楽しい飲み会でした♪


バナー
スポンサーサイト
自己紹介16
どーも。はじめまして
日中学生会議第27期実行委員の位田武嗣(いんでん たけし)と申します。

この名前は東京に来て以来いつもいつも”珍しいね”って言ってもらってます。
覚えやすいのならうれしいですね!!


私は東京大学の1年生です。ついに木田君以外にも1年が入りました!

昔は真面目でシャイな頑固少年だったような気がしますが、今ではミスも犯してしまう、やらかしキャラになってしまいました><
しかし!本会議ではやらかしキャラは封印し、とことんディスカッションして楽しみたいと思います


中国に興味を持ったのはいつだったかは覚えてませんが、いわゆる近くて遠い国という印象だったのは間違いありません。

これからは中国も国際社会、日中間の様々な局面で影響力を強めるのは間違いないだろう(と専門家が言ってます)から学生である‘今’、もっと中国のことを知り、中国の学生を知りたいと思い実行委員になりました

日中学生会議ではいろんな場面でカルチャーショックだったことや中国のことを学べるのでいつも楽しいなーって思ってます




明日というか今日から直前合宿に入りますが、今から分科会や文化交流などの膨大な仕事をかたずけて行こうと思います!!こうなったのもすべて自分が仕事を後回しにしてたせいなんですが・・・



バナー
自己紹介15
初めまして!

27期から日中学生会議実行委員になりました、木内達哉と申します。

私は大学4年(但し2010年3月卒業予定)ですが、大学1・2年の時に中国を訪れました。

1度目は北京大学での学生交流、2度目は新疆ウイグル自治区でタクラマカン砂漠を横断するというサバイバルな旅行でした。

中国へ行くと、どこへ行っても怒鳴られるし、交通マナーはメチャクチャだし、トイレに仕切りが無いし、本屋では本の上に腰掛けて座り読みしてるし、マックでは誰も並ばないし、「これでもかー!!」というくらい次から次へとカルチャーショックが押し寄せてきました。

だから、初めて行った時には「日本と似ているようで全然違う、ワケの分からない国だなー」という印象でした。

おまけに、日本のことを罵倒されたので怒り心頭に発してました。

でも、そういう所が刺激的でもあり、却って魅了されました。


ワケが分からないのは悔しいから、「中国人を理解してやるー!!」と意地になって、大学生活では中国に関する本を色々読んだりしました。

そうしているうちに、「日本人と中国人は違う所も色々あるけど、喜怒哀楽を持った人間であることに変わりはないんだなー」と思うようになりました。

お互いに誤解は色々とあるけれども、それは認識している情報が違うからであって、粘り強く対話を続けていけばきっと分かり合えるに違いないと思います。

そこで、実際にガッツリ中国の学生と話してみたいと思って日中学生会議に参加しました。


日中学生会議は、そういう私のニーズを十分に満たしてくれる場であると思いました。

それに、日本の組織らしくなく(中国っぽい??)自分の意見を遠慮なく言える雰囲気があるので、居心地が良いです。


本開催まで1週間程度ですが、思いっきり楽しみたいです。


バナー

8/2の定例会
どうもお久しぶりです、森格です。
他の学生会議の仲間は続々と本会議が始まっているようで、

羨ましい限りです☆日中も早く始まらないかな~と思っています。
さて、8/2の定例会についてですが、いよいよ本番が近いという

ことで、午前•午後と定例会を行いました。午前中は文化交流の
練習をし、劇とダンスに分かれて練習を行いました。

劇に関しては、中国語でやるということで皆さん台詞を覚える
のが大変そうですが、やっぱり中国の学生としては中国語で劇

をやってくれることはとても嬉しいことだと思いますので精一杯
頑張って欲しいと思います。またダンスについても、昨年の本会議でも

とても好評だったので、ますます磨きをかけて臨みたいと思います。
ちなみに僕はダンスのグループなので、ミスしないように家で密かに
練習しています(笑)

次に午後は役職報告をして、運営の確認をして、その後は分科会
に分かれて議論しました。分科会の方もフィールドワーク先も決まり、
いよいよという感じです。

定例会が終わった後は、みんなで新宿に行ってお好み焼き
を食べました。大阪にも行くので、中国の学生にも是非お好み焼きを食べてもらい
たいですね~。

そして最後にカラオケに行きました♪
短期留学から帰ってきた◯谷さんは日本語の曲を一切歌わず、
ひたすら中国語の曲を歌ってました。彼女はどうやら中国人
なったようです(笑)冗談です。

本会議まであと12日

ではでは^^

カラオケ1

カラオケ2


バナー



初めまして!
こんにちわ! 初めまして!

日中学生会議経済分科会代表の淺野偉之と申します!!

今回は、先日7月26日の定例会の話、また、私の担当の経済分科会の話を

したいな~と思ってます!

まず、26日の定例会!

いよいよ本会議開催まで、残された定例会はわずか三回!

具体的な細かいスケジュールをつめたり、細かい留意事項を確認したり、

定例会の話し合いにも自然と力が入ります。

そんな定例会の話し合いの中で、

私が毎回楽しみにしている時間があります。

それは、教科書問題についての勉強会の時間です

私は、ディスカッションをするのがとても好きです!

教科書問題の勉強会はディスカッションをして自己表現を積極的におこなえる時間です

ディスカッションをするときにいつも意識していることは、

多少論理的ではないな、とか、多少まとまっていないなと思っても、

とりあえず発言をすることです

誰かが積極的に発言する事で、

周りの人たちも発言しやすくなると思っています。

本会議でも私の発言で会議を活性化できたらいいなと思っています!

次に、経済分科会について!

経済分科会は、本会議で、「社会の格差について」議論します。

今、中国では「社会の格差」は大きな問題になっています、

また、日本でも近年、格差が拡大してきていると言われています。

ワーキングプア、ネットカフェ難民etc…

みなさん、

格差が拡がり弱者がうまれるっていうのはその本人の努力の問題って思ってませんか?

実は、違うんです!

格差が拡がるにはそれなりのメカニズムが裏で働いているのです!

経済分科会ではそのメカニズムについて議論したいと思っています!!

本会議を成功させるべく、一生懸命がんばりたいなと思っています!以上。


バナー


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。