日中学生会議実行委員ブログ
日中学生会議は1986年に設立された国際学生団体です。毎年、中国人学生との文化・学術交流を行っています。今年8月に中国で第28回開催を行う予定です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大家新年好
  みなさん、あけましておめでとうございます^-^
  中国から来た留学生、27期の日中の実行委員をやらせていただいている劉です
  はじめて、日本で新年を迎えることになったということで、すごく感動でした^-^
  
  でも、日本に来たばかりで、友達そんなにいないから、さびしい新年を過ごすことになるかなと思ってたら、日中のみんなに本田さんの家に誘われて、徹夜で楽しくwiiをやて、騒いで過ごしました。
  やっぱり徹夜だけでもあって、さすが疲れました。。
  
  いま思えば、こうやって日本人の家で遊んだりするのは実に不思議ように思います。
  昔は確かに何人かの日本人との交流はあったんですけど、どれも形式的な感じばかりで、実際の日本人と仲良くワイワイ盛り上がったりすることは、残念なことに、いままでありませんでした。。
  日中に参加して、本当によかったと思います

  今年も日中友好関係条約締結の36周年ということもあって、福田首相の訪中をきっかけ、これからの日中関係は「春が来た」とも言えよう。
  将来は日本と中国の人々も楽しくwiiをやれるように@-@


  Wii



バナー


日中学生会議では、ただいま実行委員を募集中!!
興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。
jcsc_info@hotmail.com
みなさんのご参加をお待ちしています。

スポンサーサイト
縁起
27期実行委員の本田です。

今日、27期としては初めての日中文化交流財団へ訪問を行いました。
実は、私にとっても初めての財団訪問だったので、ちょっと緊張していました。
けれど、日中文化交流財団の三木理事長は、とても気さくな方で、いつの間にか
緊張も解けていました。

三木理事長からは4時間近く、様々な面白い話を伺うことができました。
ここに載せられないのが残念ですが、本当にためになる話ばかりで
久々に感動しました。今後の活動についても貴重なアドバイスを頂けました。
今回のアドバイスをみんなで共有して、今後の活動に生かしていければと思います。
三木理事長自身の今に至るまでのお話を聞きながら、こんな素敵な女性に
なりたいとも思いました。
27期として活動するにあたり、今回、三木理事長のお話を聞けて、非常に
モチベーションが上がりました。

話は前後しますが、財団訪問で、まず名刺交換を行った後、名前の話になりました。
名前の話で、委員長が「僕の名前の総画数は大凶なんです」と。
本人曰く「もう一画増えると大吉になるので、間に“☆(ほし)”を入れようかなと(笑)」。
【つのだ☆ひろ】みたくしたいんでしょうか??

そんな委員長ですが、私が思うに結構ツイてるタイプで、三田祭に引き続き、
今日もラッキーな日だったように思います。

まず、お菓子として出てきたレーズンサンド。
いつもは買われないそうなのですが、三木理事長がたまたまそのお店の近くに
いらして、わざわざ並ばれて買ってくださったそうです。お菓子に疎いので、その
お店のことはよく分からなかったのですが、非常においしかったです。

そして、訪問の後連れて行ってくださった中華料理店でのこと。
委員長自ら、明日が誕生日だとちゃっかりアピール。誕生日ならということで、
桃まんじゅうを注文してくださいました。その桃まんじゅう、いつでもお店にあるわけ
ではないそうで今日はたまたまあったとのこと。
ちなみに桃まんじゅうを注文してくださったのは、桃が長寿のシンボルで、
つぼの絵などにも老人が桃を持っている図案があるそうで、長寿を祈って桃まんじゅう
でお祝いしてくださったそうです。
そして、食卓を囲んだ人数が6人。これは縁起のいい数なんだそうです。
委員長の年が22歳になるところ。この数字もいい数字だそうです。

なんだかんだツキまくりと思いませんか?
運を分けてもらいたいくらいです。

というわけで、今日は縁起のいい日だったなあと、そう思います。


日中学生会議では、ただいま実行委員を募集中!!
興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。
jcsc_info@hotmail.com
みなさんのご参加をお待ちしています。


バナー
中国情報:おもしろ中国語
中国は今、外国から様々なものが入り込んでいます。外国のものの名前を表す中国語には面白いものがたくさんあります。

・「活力门」=ライブドア⇒live=活力/door=门。発音もフオリーメン(huolimen)で「ホリエモン」に似ているのにはビックリです。
・「櫻桃小丸子」=ちびまるこちゃん⇒「さくらももこ」と「ちびまるこ」を「小丸子」と合わせたんですね。
・「回到未来」=バックトゥザフューチャー⇒確かに未来に戻る感じですね。
・「布什」=ブッシュ⇒発音:ブーシィ(bushi)
・「普金」=プーチン⇒発音:プージン(pujin)⇒見た時は普通の金!?と思いました。
・「米老鼠」=ミッキーマウス⇒発音:ミーラオシュー(milaoshu) 
・「星巴克」=スターバックス⇒発音:シンバーカァ(xingbake)スターは「星」で意味表記、バックスは「巴克」で発音表記なのですね。

こうして見ると日本語はそのままカタカナ表記すればいいのですが漢字表記は大変そうですね。発音や意味から、あらゆる方法で中国語に直すんですね。色んな言葉が外国から流入してきている現在、一体誰が表記する漢字を決めているのでしょうか?
中国の学生に辞書には載っていないこのような現代版中国語を教えてもらうのもなかなか話が盛り上がって面白いですよ。


日中学生会議HP: http://jcsc.jp/
ご意見ご質問は jcsc_info@hotmail.com まで。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。